ブルーベリーの歴史や栽培の流れを確認しておこう

ブルーベリーの歴史

作業する人

そもそもブルーベリーって何?

ブルーベリーはアセロラやアボガドなどと同じく果樹の一種です。名前の由来どおり青紫色の実が特徴で、日本でも広くしたしまれています。ブルーベリーには現在栽培用のものと野生のものとがあり、食用やサプリメントなどには栽培用のものが主に利用されています。

北米では昔から親しまれてきたもの

そのまま食べることができる上にジャムにして他の食材のアクセントとしても利用できるなど、ブルーベリーは北米の人に昔から親しまれてきました。最初は野生のものを摘んで利用するのが一般的でしたが、やがて栽培されるようになり、大量に生産できるようになってことがきっかけで全土に広がっていきました。

日本での親しまれるように

ブルーベリーが日本に入ってきたのは戦後まもなくです。東京農工大学が本格的に栽培するようになり、日本全国に広がっていきました。ブルーベリーの知名度が爆発的に広まったのはガムなどのお菓子の味付けに利用されたのがきっかけです。その後、目に優しい成分を含んでいることが広く知られるようになり、サプリメントなどに利用されるようになりました。

ブルーベリーの育て方

苗を選ぼう

ブルーベリーを栽培するにあたって、まずは苗を選んでいきましょう。ブルーベリーの苗には様々なものがありますが、初めて栽培するのであればラビットアイなどの品種がいいかと思います。

苗を植えよう

栽培する品種の苗選びが完了したら、苗を植えていきましょう。ブルーベリーの栽培に使用する土は酸性のものがいいと言われています。また、寒い時期はブルーベリーの苗を植えるのに向いていないと言われているので、秋や春など比較的過ごしやすい時期に植えるといいでしょう。

愛情を注ぎながら育てていく

苗植えが完了したら栽培できる大きさになるまで育てていきましょう。肥料を与えたりしつつ愛情を注いで育てていきます。ブルーベリーが充分に成長するためにはカリ、リン酸、窒素といった成分が必要になってきます。それぞれを一気に与えるのではなく、期間をずらして与えていくといいと言われているので、ずらしながら与えていきましょう。

収穫しよう

成長の妨げになるような枝をを剪定しつつ肥料を与えて続けてあげると春から夏にかけてブルーベリーの実が収穫できるようになります。収穫時期は品種によって異なってくるので、自分が栽培している品種の収穫時期を確認しておきましょう。収穫した実は冷蔵庫や冷凍庫で保管することができます。

ブルーベリーを育ててみよう

作業する人

ブルーベリーの歴史

眼精疲労や血流の改善効果が期待できるブルーベリーを自分で育ててみたいなと思ったら、まずはブルーベリーの育て方について調べてみるのが一番です。正しい育て方を学んでブルーベリー栽培を始めましょう。

READ MORE
ブルーベリー

どんな品種があるの?

生食でも、加工してもおいしいブルーベリー。でも種類が様々でどれを育てていけばいいのか悩んでしまう人も多いはず。そこでブルーベリーの代表的な品種をまとめて紹介しています。

READ MORE
庭

害虫に注意しよう

ブルーベリーは意外と害虫被害の多い果樹です。害虫の種類も様々なので、それぞれの害虫にあった対応をしていかなければなりません。ブルーベリーをダメにしてしまう代表的な害虫を把握しておきましょう。

READ MORE

新着情報

広告募集中