ブルーベリーを育てる前に品種について確認しておこう

どんな品種があるの?

ブルーベリー

ティフブルー

ブルーベリーの代表的な品種にラビットアイという品種があります。その中でもティフブルーは代表的な品種です。ティフブルーはブルーベリーの品種の中でもかなり高い糖度を誇る品種で、加工にも適しているという特徴があります。育て方もシンプルで栽培しやすい品種です。

ディライト

大きな粒と風味の強さが特徴のディライト。風味が強いので加工用というよりは生食用としての人気が高いようです。収穫できる時期が長いのもディライトの特徴です。その他の品種のブルーベリーが収穫できないような時期に収穫することができるので、長い間楽しむことができます。

バークレー

青みが強い品種のノーザンハイブッシュ系の中でも甘みが強いバークレー。甘味が強いので生食用として用いられることが多いようです。育てやすい品種としても有名です。育てやすさもあってたくさん収穫することができる品種でもあります。

チャンドラー

500円玉と同じぐらいのサイズまで成長するチャンドラー。一見ブルーベリーとは思えないようなサイズにまで成長する品種です。生食と加工、どちらにも向いているという万能種です。

サンシャインブルー

温暖な地域での栽培に適した品種のサザンハイブッシュ系のサンシャインブルー。甘味と風味に関してはブルーベリーの中でも上位にくる品種で、様々な食べ方で食べることができる万能種です。

ブルーベリーを育ててみよう

作業する人

ブルーベリーの歴史

眼精疲労や血流の改善効果が期待できるブルーベリーを自分で育ててみたいなと思ったら、まずはブルーベリーの育て方について調べてみるのが一番です。正しい育て方を学んでブルーベリー栽培を始めましょう。

READ MORE
ブルーベリー

どんな品種があるの?

生食でも、加工してもおいしいブルーベリー。でも種類が様々でどれを育てていけばいいのか悩んでしまう人も多いはず。そこでブルーベリーの代表的な品種をまとめて紹介しています。

READ MORE
庭

害虫に注意しよう

ブルーベリーは意外と害虫被害の多い果樹です。害虫の種類も様々なので、それぞれの害虫にあった対応をしていかなければなりません。ブルーベリーをダメにしてしまう代表的な害虫を把握しておきましょう。

READ MORE

新着情報

広告募集中